ソファーの解体


9/29に回収したソファー

時間があったので滅多にやりませんが

自分で解体してみました。



ソファーの裏には↑のように

スプリングや金属のバネがついています。

これを取り外さないと、

行政のゴミ処理場も産廃廃棄場の焼却炉に入れられないため分解が必要になります。

このため行政では分解のための人員確保が出来ず、粗大ゴミでの回収をしていないところも多く、我々の出番になってきます。



座面も同様にフェルトをはがすと

クッション材のウレタンスポンジが出てくるのでこれも剥がします。


背もたれと、座面を分離し

まずは白く見えているフェルト生地を剥がしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 



全て剥がし終え

例の鉄のバネを外します




全部解体するのに約20分

このソファーは比較的解体が簡単でしたが

高級ソファーになってくると

解体に1時間かかる物もあり

仮に解体する人間の時給が1,000円なら

その分の料金もいただかなくてはなりません。

更に、これを『木』『可燃物』『金属』と分別して

産廃処理場に持ち込み廃棄となるため

分別・運搬費用も必要になってまいります。

そのため回収にはそれなりの金額になってしまいます。

 

リサイクル・リユースに回せるといいのですが

やはりソファー・マットレス・布団を中古で使いたいと考えませんよね?

正直、回転率が悪く在庫になる可能性が高いため

高級で美品でも買い取れないのも現状です。

ご理解いただけると嬉しいです。